ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

禁断の恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
在宅看護を専門にしている看護婦のミシェルは、怪我をして実家に戻っているザックの見舞いに出かけた。そして、二年ぶりに彼の姿を見て思わず息をのんだ。ザックはあらゆる意味で大人の男性となり、危険なほど魅力的な男性に変身していたのだ。信じられないことに、彼は自宅に戻ったあとの付き添い看護を頼みたいと言ってきた。怪我の痛みにひどく苦しむ彼を見かね、ミシェルは申し出を受け入れてしまった。ザックの魅力に翻弄される日々が待ち受けているとも知らず。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入る。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

星に祈りを (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼くして母を亡くしたアリシアは、父の愛を一身に受けて育った。その暮らしは、社長令嬢として何不自由のないものだった。だからこれまで、彼女には悩みなどまったくなかった。だが今は、婚約者のことがある。このまま彼と結婚していいものか?ゆっくり考えてみるために、ひとり南フランスまで来たのだ。間違っても、こんな傲慢で我慢ならない男に振りまわされるためではなかった。男の名はピアズ・モリソン。彼は、金持の娘に対する偏見を隠そうともしない。しかも、滞在するコテージが仕上がっていなかったばかりか、建築家のピアズと同居するはめになってしまった!ロンドンで訪ねた占星術師は、どうして何も教えてくれなかったの?アリシアは占星術師の言葉を、思い返してみる。たしか彼女は、こうも言っていた―乙女座に気をつけて…と。まさか、このピアズが乙女座でなければいいけれど…。

無邪気な恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“人里離れた場所で寂しく暮らす二十四歳の女性です。インターネットを通じて、すてきな男性と知り合いました。すぐに彼のところへ飛んでいきたいのですが、せっかちすぎるでしょうか?アドバイスをください”“なぜ思いきって彼に会ってみないの?幸せは、それを心から願う人に訪れるものよ”人生相談の回答に後押しされて、アニーは大都会へと旅立った。牧場育ちの田舎娘でも、この恋だけは逃がさないわ。ああ、ついに夢の男性とデートするのよ。

内容(「MARC」データベースより)
「人里離れた場所で寂しく暮らす24歳の女性です。インターネットで素敵な男性と知り合いました」「なぜ思いきって彼に会わないの?」 人生相談の回答に後押しされて、アニーは大都会へと旅立つ。夢の男性とデートするのよ!

恋は突然に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「君はわがままで非常識きわまりない娘だ!」十八歳のとき、スカイはフォークナー・ハリントンに出会い、無謀なふるまいを厳しくたしなめられた。懲らしめるようなキスを浴びせたあと、彼は二度と姿を見せなかった。スカイの心を奪い去ったまま…。あれから六年。スカイは病院のベッドに横たわっていた。父親の運転する車に同乗していて事故にあい、彼女だけが生き残ってしまったのだ。打ちひしがれるスカイの目の前に突然フォークナーが現れ、信じられないことを口にした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。イギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ボスとの約束 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ルーは完璧な秘書だった。常に冷静で、仕事が速く、決してミスを犯さない。でも、ひとたび家に帰れば、生活に追われて悩むただの女性だ。一方、プレイボーイと名高いボスのパトリックは、社会的な地位のために妻を必要としていた。浮気も許してくれる、都合のいい妻を。それを知ったルーは、二人の悩みを解消する名案を思いついた。ボスに私と結婚してもらうのはどう?私なら完璧な妻になれる。しかもいっさい愛情抜きで。

内容(「MARC」データベースより)
常に冷静で仕事が速い完璧な秘書ルーと、プレイボーイだが社会的地位のため妻を必要としているボスのパトリック。生活に追われるルーは、自分がボスと結婚すれば、彼が求めているような愛情抜きの完璧な妻になれると考える。

ベッドで朝食を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブルックは、母とも祖母とも慕うミス・コーラに支えられて猫の保護施設を運営している。そのコーラが突然、なんの前触れもなしに逝ってしまった。ブルックに一エーカーの土地と家を遺して…。悲嘆に暮れるブルックのもとに、追い討ちをかけるように災難がやってきた。犬だ。いや、彼女の大嫌いな犬を連れて現れたミス・コーラの遺産相続人―ギャレットだ!どうやら彼は相続した土地と邸宅を売却したいらしいが、それにはブルックに譲られた土地が鍵になる。ギャレットは彼女の土地を買い取ろうと誘いをかけてきた。売らないと言い張る彼女を尻目にどこか楽しげだ。「賭けるかい?」そんな賭に、わたしは絶対に負けないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
デイル,ルース・J.
コロラド州のパイクス山にほど近い針葉樹林地帯に住む。二匹の犬と二匹の猫、一人の夫、そして何人もの成人した子どもたちと育ち盛りの孫たちに囲まれて暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

キスは森のなかで (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カリンは木陰に身を潜め、大邸宅の様子をうかがった。海を渡ってイギリスの田園地帯にやってきたのは、ただ一人の肉親にどうしても会いたかったからだ。生き別れになった双子のきょうだい、フィオーナに。けれど立派な邸宅に気後れして、ドアをたたく勇気が出ない。そのとき鬱蒼とした森から、ひとりの男性が歩いてきた。たくましい体、気品あふれる顔立ち。いったい誰かしら?そのとき彼がカリンに気づいて足を止めた。「フィオーナじゃないか。何をしているんだい?」やさしい声…そう思った瞬間、唇を奪われた。

内容(「MARC」データベースより)
カリンは生き別れになった双子の姉妹フィオーナに会うため、海を渡りイギリスの田園地帯にやってきた。けれど立派な邸宅に気後れして、ドアをたたく勇気がでない。そのとき鬱蒼とした森から、気品あるひとりの男性が現れた…。

御曹子の秘密 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
スティーヴは魅入られたように琥珀色の瞳を見つめた。いつも冷静で、金儲けにしか興味のないぼくが、つぶれかけた遊園地で働く女性に惹かれるなんて。いったいどうした?得意の駆け引きで、買収の仕事に専念しろ。一方アンバーは、固い決意で彼の目を見返した。父の愛するこの〈カーニバル〉を売り渡すわけにはいかない。こんな傲慢な男性が相手なら、なおさらだわ。だけど、まるで雷に打たれたみたいに体が震えるのはなぜ?動揺している場合じゃない。どんな手を使っても彼を追い返すのよ。かくして二人は、激しい火花を散らしてにらみ合った。

内容(「MARC」データベースより)
スティーヴは魅入られたように琥珀色の瞳を見つめた。僕がつぶれかけた遊園地で働く女性に惹かれるなんて、一体どうした? 一方アンバーは、固い決意で彼の目を見返した。父の愛するこの場所を売り渡すわけにはいかない-。

罪深い恋心―情熱をもう一度〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十九歳の若さで未亡人になったアンバーは、今日もぼんやりと公園のベンチに座っていた。よく見かける気さくな男性が、きびきびとトレーニングをしている。力強い腕や筋肉質の長い脚が、ひときわ目立つ。同じアパートメントに住んでいると知って、アンバーはアダムというその男性に興味を引かれた。でも、彼と親しくなるなんてありえない。今の私は、恋をするどころか、生きているだけで罪の意識を感じるのだから。

内容(「MARC」データベースより)
19歳で未亡人になったアンバーは、今日も公園のベンチに座っていた。よく見かける男性アダムが同じアパートメントに住んでいると知り、興味を持つが、生きているだけで罪を感じるアンバーは、彼と親しくなるのをためらい…。

ガラスの靴で約束を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「おまえの娘が出した広告に応募があったぞ。おめでとう、王子様!」マットは、新聞社の社長をしている祖父の言葉に愕然とした。ある日、新聞に掲載された“王子様”と名乗る男の、妻を募集する匿名広告のことを言っているのだ。そして、応募したのが、パパをほしがるローラの息子だと聞いて、マットはさらに驚いた。建設会社の社長のマットと、彼に家の増築を依頼しているローラは三年前からの知り合いだが、ことあるごとにぶつかっていた。つい最近も、町で話題の広告をばかにするマットの発言で、ふたりは言い争ったばかりだ。まさか自分たちのことだとは思わずに。ぼくが王子様?広告で妻を探す男なんて、ばかにしていたのに!ローラも、息子の応募にただ驚くばかりだった。なぜ、わたしが王子様を探す“シンデレラ”?夫なんていらないのに。それも、よりによって相手はあのマット…。とんでもない。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

ooo千葉野菜王国ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo ファッション.コレクションooo ガシャポン戦死!ooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo 国家の要!千代田区ooo 豆千葉ドットコムooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo ダーツ大好き@千葉ooo -うぐいす谷Guide-ooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 千葉の醤油ooo 山手線で行く!Libraryooo パチスロ必勝!in千葉市ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo メイドの土産.comooo 山手線エリアで味わえる庶民の味!BQグルメooo 歴史千葉ooo 100均より安いooo 千葉スポーツ施設MAPooo