ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

愛のセカンド・チャンス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ソフィの住むアシュダウンにグレゴリー・ウォレスが越してきた。彼は村の新興住宅地の開発業者で、経済の活性化に貢献したと、みんな諸手を上げての歓迎ムードだ。だが、ソフィは知っている。やりての実業家の真の姿を。もとの夫アランのように、うわべだけ魅力的で冷たく、田舎の人々を見下す人間に違いないのだ。アランの望まない妊娠をしたことで捨てられたソフィは、難聴の娘を抱え、ひとりで必死に生きてきた。もう男性とかかわりを持つつもりはいっさいない。ところが、アシュダウンにやってきたグレゴリーは、ソフィに興味を示し、なにかと会う機会を作ろうとする。狭い村では避け続けるわけにもいかず、顔を合わせているうちに、彼の開くパーティーのケータリングを頼まれた。そしてその夜、ソフィは彼の家に泊まらざるを得なくなり…。

モンテカルロの宝石 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
デラは大いなる勘違いをしてしまった。お金持ちのクルーザーの船上ウエイトレスとして雇われたのだがいざ船に乗ると、客たちにありえないサービスを求められ、ようやく自分に割り当てられた仕事が何かに気づいたのだ。デラはいてもたってもいられず、海に飛び込んだ。岸までたどり着いたはいいが、ここはモンテカルロ、助けを求めようにも誰ひとり知る人もいない。「イギリス領事館はどこですか?」びしょぬれのまま道行く人にそう尋ねながら、有名なカジノの前まで来た。「泥棒!」男性の声がして、デラは彼にむんずと腕をつかまれた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ゴードン,ルーシー
雑誌記者として書くことを学び、ウォーレン・ベイティやリチャード・チェンバレン、ロジャー・ムーア、チャールトン・ヘストンなど、世界の著名人にインタビューした経験を持つ。ヴェネチアで偶然、出会った地元の男性と恋に落ち、結婚。現在は夫と三匹の犬とともにイングランド中部で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

情熱のヴェネチア (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ローラは久しぶりのバカンスでヴェネチアへ飛んだ。空港には、親友が手配してくれた出迎えが待っていた。ドメニコという名のヴェネチア育ちの男性だ。ロマンチストの彼は、この町の案内役にうってつけだった。陽光あふれる運河、迷路のような路地、歴史の香る町並み。一緒に観光名所をまわるうちに、ローラはいつのまにか恋に落ちていた。ドメニコも私に惹かれているのかしら。彼のことはまだなにも知らないけれど、このときめきを、はかないロマンスで終わらせたくない。イマージュを代表する作家キャサリン・ジョージが、ヴェネチアの恋を美しく描く。あのダイサート家の面々も久々に登場。

内容(「MARC」データベースより)
久しぶりのバカンスでヴェネチアへ飛んだローラ。空港には、親友が手配してくれた案内役のドメニコが待っていた。ロマンチストの彼と一緒に観光名所をまわるうち、ローラは恋に落ちていく…。

初恋を抱きしめて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼なじみのハリーが、一年ぶりに故郷に帰ってきた。彼と顔を合わせるなり、エマはいつもどおり、抱えあげられてくるくる振り回された―久々に会った小さな妹みたいに。いまや大富豪になったというのに、彼は昔とちっとも変わらない。少年のような瞳も、くしゃくしゃの髪も、私との接し方も。歓迎の笑みを浮かべながら、エマは決意を固めた。長いあいだ、彼への思いは胸に秘めてきたけれど、そろそろ私が大人の女性だってことをわからせなくちゃ。長すぎた初恋を実らせるときがきたのよ。

内容(「MARC」データベースより)
幼なじみのハリーが、一年ぶりに故郷に帰ってきた。彼と顔を合わせるなり、エマはいつもどおり、抱えあげられてくるくる振り回された-小さな妹みたいに。エマは決意を固めた。長すぎた初恋を実らせるときがきたのよ!

もう一度恋して (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
新婚当初、ドミニクはわがままばかり言って夫を困らせた。年上で経験豊かな彼にいつも引け目を感じていたし、いつ捨てられるかもしれないと、びくびくしていたせいだろう。でも今のわたしならアンドレアスに堂々と向き合い、もう一度やり直す自信がある。彼女は決意を胸に、彼のもとを訪れた。「ひと月いっしょに暮らして、二人の可能性を確かめたいの」アンドレアスは驚いたようにこちらを見つめている。無理もない。離れて暮らしていた間に、わたしはすっかり生まれ変わったのだから。

内容(「MARC」データベースより)
新婚当初、ドミニクはわがままばかり言って夫を困らせた。年上で経験豊かな彼にいつも引け目を感じていたし、いつ捨てられるかもしれないと、びくびくしていたせいだろう。でも今のわたしならもう一度やり直す自信がある…。

恋は突然に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「君はわがままで非常識きわまりない娘だ!」十八歳のとき、スカイはフォークナー・ハリントンに出会い、無謀なふるまいを厳しくたしなめられた。懲らしめるようなキスを浴びせたあと、彼は二度と姿を見せなかった。スカイの心を奪い去ったまま…。あれから六年。スカイは病院のベッドに横たわっていた。父親の運転する車に同乗していて事故にあい、彼女だけが生き残ってしまったのだ。打ちひしがれるスカイの目の前に突然フォークナーが現れ、信じられないことを口にした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。イギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

奇跡の賛美歌 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
失った幸せを、いつかまた手に入れたい。あの賛美歌の歌詞のように。メグは宝飾品メーカーに勤めるシングル・マザー。ある朝、社長のネイサンに呼び出され、意外なことを頼まれた。週末に彼の実家で開かれるパーティに、一緒に来てほしいという。母親が次々と女性を紹介するのにうんざりしているらしい。ひそかに憧れていたネイサンの誘いに、メグは胸を躍らせた。週末は思いのほか楽しく、ネイサンもメグに好意を抱いたようだ。ところが、ネイサンが家に送ってきてくれたとき、メグを出迎えたのは、その存在をひた隠しにしてきた三歳になる娘だった。メグが絶望的な気持でネイサンを振り返ると、彼は茫然とした表情を浮かべていた。メグが、ネイサンにも胸に秘めた悲しい過去があると知ったのは、それから間もなくのことだった…。

八年の夢のあとで (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
病院で研修中のリンジーは一年契約で研修医を募集する医院を訪れた。事務局長との面接で、リンジーは答えた。「八年前にこの場所で、医学の道に進もうと決めました。ある医師に命を助けられたからです」そのとき、リンジーの指導医となる男性が部屋に入ってきた。「マシューなの?」彼こそが、あのときリンジーを救った医師だった。マシューも再会を喜んでくれたが、面接が進むにつれて冷たくなった。彼とのつながりを利用して、この仕事に応募したと思われたらしい。雇われる見込みはないと意気消沈していたリンジーだが、意外にも採用通知が届いた。さらに結婚していると思っていたマシューは、実は独身だった。八年間夢見てきた私のヒーローは、本当に存在した―リンジーは胸が躍った。楽しい一年になればいいけれど…。

手紙 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十七歳のジョアンは複製画家としてすでに高い評価を受けている。八年前、イタリアに一年間留学して美術を学んでいたとき、同級生のレナータの家に招待され、毎週末を過ごすようになった。そしてレナータの兄フランコに会った瞬間、ジョアンは恋をした。フランコは二十四歳、長身で笑顔が魅力的な男性だった。けれど、彼はジョアンを女性としてではなく、妹のようにしか見てくれない。それでも、彼女はフランコのそばにいるだけで幸せだった。あの運命の夜が来るまでは―留学も終わりに近づいたある日の夜、いとこのローズマリーがジョアンを訪ねてきた。その場にいたフランコとローズマリーは一目で恋に落ち…結婚した。子供のころから大好きだったいとこと、初めて愛した男性が。その思いは、八年を経ても、ジョアンの心に深い傷を残している。たとえ今、ローズマリーが心臓発作で亡くなり、フランコが幼い息子と取り残されてしまったと聞いても…。

純真な花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ステイシーは破産状態だった。三年前に唯一の家族である祖父を亡くして以来、資産の管理を任せていた人物に、すべて横領されてしまったのだ。あと一週間で、自宅も明け渡さなくてはならない。自暴自棄になって開いた最後のパーティーで、ステイシーは長身のたくましい男性の存在にふと気がついた。テキサスの大牧場主オーレン・マクレーン…。数カ月前、ステイシーは彼に結婚を申し込まれたが、何かの冗談だと思い、真剣に受け取らなかった。私の破産のうわさを耳にして、弱みにつけ込みに来たんだわ!ステイシーはどんどん近づいてくるオーレンの姿に怯えた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フォックス,スーザン
ロマンス小説家。末の息子パトリックとアイオワ州デモインに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

ooo東京ぶらぶらooo ~品川の街~ooo 上野情報.comooo 千葉スポーツ施設MAPooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo 千葉のショッピングモールooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo ビバ!プリプレスooo 渋谷ぶらりooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo ファッション.コレクションooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo マージャン大好き麻雀@千葉ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo -うぐいす谷Guide-ooo 夏はプールだ千葉特集ooo