ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

ボスとの契約 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
秘書のクレアには秘密があった。卑劣な恐喝者から高額な金を請求されているのだ。借金を返すためには一セントだって無駄遣いはできない。そんなとき彼女は突然、憧れの社長ニコラスからプロポーズされた。しかし自分の思いとは裏腹に彼が求めているのは便宜上の結婚だった。愛のない結婚をするつもりはない。だからと言って断れば秘書の仕事を失ってしまう。窮地に立たされたクレアはある決断をした。

内容(「MARC」データベースより)
秘書のクレアには秘密があった。卑劣な恐喝者から高額な金を請求されているのだ。そんなとき彼女は突然、憧れの社長ニコラスからプロポーズされた。しかし彼が求めているのは便宜上の結婚。愛のない結婚はしたくないが…。

もう一度恋して (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
新婚当初、ドミニクはわがままばかり言って夫を困らせた。年上で経験豊かな彼にいつも引け目を感じていたし、いつ捨てられるかもしれないと、びくびくしていたせいだろう。でも今のわたしならアンドレアスに堂々と向き合い、もう一度やり直す自信がある。彼女は決意を胸に、彼のもとを訪れた。「ひと月いっしょに暮らして、二人の可能性を確かめたいの」アンドレアスは驚いたようにこちらを見つめている。無理もない。離れて暮らしていた間に、わたしはすっかり生まれ変わったのだから。

内容(「MARC」データベースより)
新婚当初、ドミニクはわがままばかり言って夫を困らせた。年上で経験豊かな彼にいつも引け目を感じていたし、いつ捨てられるかもしれないと、びくびくしていたせいだろう。でも今のわたしならもう一度やり直す自信がある…。

初恋を抱きしめて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼なじみのハリーが、一年ぶりに故郷に帰ってきた。彼と顔を合わせるなり、エマはいつもどおり、抱えあげられてくるくる振り回された―久々に会った小さな妹みたいに。いまや大富豪になったというのに、彼は昔とちっとも変わらない。少年のような瞳も、くしゃくしゃの髪も、私との接し方も。歓迎の笑みを浮かべながら、エマは決意を固めた。長いあいだ、彼への思いは胸に秘めてきたけれど、そろそろ私が大人の女性だってことをわからせなくちゃ。長すぎた初恋を実らせるときがきたのよ。

内容(「MARC」データベースより)
幼なじみのハリーが、一年ぶりに故郷に帰ってきた。彼と顔を合わせるなり、エマはいつもどおり、抱えあげられてくるくる振り回された-小さな妹みたいに。エマは決意を固めた。長すぎた初恋を実らせるときがきたのよ!

封印されたスキャンダル―ゴージャスな結婚〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブライダル・プロデューサーのオリヴィアは、自分がプロデュースする結婚式で、新郎の付添人を見て愕然とした。彼は十年前、オリヴィアが十八歳のときに恋に落ちた相手、ドミニクだった。二人は心から愛し合っていたのに、若く短い恋はひどく悲しい結末を迎え、オリヴィアはいまだにその傷から立ち直れずにいた。やがてドミニクはオリヴィアに気づき、熱い視線を送ってきた。彼に再び心を奪われながらも、オリヴィアは誓った。もう二度と、あなたの危険な魅力にまどわされたりはしない。私は変わったのよ。ワイルドなヒーローに夢中だった、夢見る少女は、もうここにはいないのよ。

ハッピー・ウエディング―恋愛のマナー〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ボーフォート家の三人姉妹の末っ子ジョージアは、二十三年前に失踪した父を突きとめるため、ヒューストンへ飛んだ。父親のサムと思われる人物にじかに当たってみようと考えたのだ。サムのオフィスに電話をかけると、あいにく休暇中だった。仕方なくサムの代理を務めるデヴという男性に事情を話したところ、娘になりすまして財産を狙う詐欺師と決めつけられ、ののしられた。だが、たまたまサムが庭師を探していると耳にしたジョージアは、偽の履歴書を作ってその職に応募し、まんまと採用された。そして、庭師として働きだした初日、屋敷で意外な人物と出会った。そう、先日電話で彼女をののしったデヴだ。彼はサムの継子だった。電話の印象とは裏腹に魅力的なデヴに胸をときめかせながらも、ジョージアは正体を隠してサムの身辺を探りはじめる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マクマーン,バーバラ
アメリカ南部で生まれ育つ。一年間、国際線に乗務して世界を回ったのち、カリフォルニアに落ち着く。家庭を持ちながらコンピューター会社に勤務するが、子供たちが学校に通い始めて、執筆活動に入る。最近は夫とともにシエラ・ネヴァダに移り住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

微笑みの報酬 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マリーは、雑誌で取りあげられるほど名の知れた有能な世話係。その彼女に、ある資産家から破格の料金の仕事が舞いこんだ。彼の息子の世話をするのだという。ところが行ってみると、待っていたのは、想像していたような小さな子供ではなく、三十二歳の立派な大人、ニコスだった。しかも、息子を管理したがる父親に反発してデートクラブの女性を家に呼んでいたニコスにその女性と勘違いされ、いきなりキスまでされてしまったのだ!彼のキスはうっとりするほどすばらしかった。それまで情熱とは無縁に生きてきたマリーは仰天した。この情熱についてもっと知りたい。そして、いがみ合う父子の間に温かい感情を取り戻させたい。そんな思いに促され、マリーはニコスのナニーとして働くことに決めた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マカリスター,アン
カリフォルニア生まれ。夏には地元のビーチで泳いだり、サーフィンやバレーボールをして育つ。大学の図書館に勤めていたとき生涯の伴侶と出会い、現在は4人の子供とともにアメリカ中西部に暮らす。教師や新聞社の原稿整理、教会の説教の代筆などを経て小説の執筆に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

取り引きされた愛 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジョージーの人生はやっと順調になってきた。悲しみから立ち直り、今では仕事にも希望が持てる。しかし、親しくしている人の家のディナーに招かれたとき、ジョージーの身に大きな災難が振りかかった。客の中にジェッド・ロードがいたのだ。相変わらず、漆黒の髪と厳しい顔が謎めいた雰囲気を漂わせている。女性たちの目を釘付けにしながら、自らの離婚について平然と語りはじめたジェッドを見て、ジョージーはひどいパニックに陥った。彼女は半年前までジェッドの妻だったのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
良きパートナーと四人の息子に恵まれ、マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ラテン流の愛し方 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十年前の、十六歳の夜。今、わたしはあの夜に帰ろうとしている。「ああ、きみはあのブロンドか」電話から聞こえる声に、キッチン・プランナーのニッキーはかっとなった。相手のエステバンは会社の顧客だが、ちらりと顔を見かけただけで、話したこともない。なのに、ブロンドへの偏見を隠そうともしない。華やかな顔だち、金色のつややかな巻き毛、豊満なスタイル―ニッキーは、そんな容姿のことで何か言われるのが大嫌いだった。男は外見にばかり気を取られて、彼女をまじめに見ようとしない。十年前カリブで、スティーヴという男性に誤解されてしまったように。だが、エステバンはニッキーの怒りにも気づかず、今すぐ不備のあったキッチンを修理に来ないと、訴訟を起こすと脅す。ニッキーはしかたなく、彼の屋敷に向かった。車を走らせながらニッキーはなぜか、愛を冷たく拒否された、あのカリブの熱い夜を思い出していた。スティーヴに会いたい…。ニッキーはふと、そんなことを思った。

ダーリンと呼ばないで (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エイミーの気分はどん底だった。五年も同棲していたスティーヴに捨てられてしまった。それも、彼の浮気相手の金髪美人に子供ができたので、これまでの独身主義を撤回して結婚するというのだ!エイミーはこんな精神状態のまま、仕事に行くのが怖かった。ボスのジェイクの前では精いっぱい隙を見せないようにしないと、プレイボーイで鳴らす彼の犠牲者の一人になりかねない。個人秘書になって二年、スティーヴを裏切らないようにしてきたのに。でも捨てられた今、もう彼を防壁にはできない。そしてエイミーは、なすすべもなくジェイクの手に落ちた。しかも、思いもよらない事態が彼女を襲う。まさか妊娠してしまうなんて。

忘れえぬ思い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ティモンと出会ったきっかけは一風変わっていた。エロイーズが階段で転んだとき、持っていたパイナップルを彼にぶつけてしまったのだ。驚いたことに彼は、つぶれたパイナップルの代わりにと、たくさんのフルーツを贈ってくれた。もう会うこともない相手とはいえ、エロイーズの心はときめいた。ところが思いがけず、彼女は友人の家でティモンと再会する。彼は家柄のよい、優秀な医師だった。私なんてお呼びじゃない。住む世界が違いすぎる。けれど、そっと見つめるだけなら許されるはず…。

内容(「MARC」データベースより)
エロイーズが階段で転んだとき持っていたパイナップルをぶつけた男、それがティモンだった。パイナップルの代わりにたくさんのフルーツを贈ってくれた彼に、エロイーズの心はときめく。そして思いがけず、友人宅で彼と再会-。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

ooo千葉の駅集めましたooo 千葉スポーツ施設MAPooo 幕張UFOooo ハロー!江東区!ooo A&Dooo 使えるフリーメール比較ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 千葉市の幼稚園探し・人気の幼稚園を口コミ調査・幼稚園情報!ooo 「TaEco」(タエコ)ooo 甘いお菓子の街千葉ドットコムooo 初心者ゴルファーのゴルフするなら千葉ooo ネット証券比較っすooo Rest for a momentooo 鶯谷・うぐいすだにooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo 千葉県の重要文化財一覧ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 千葉とんかつooo 性病検査キットooo お笑いタレントooo